短期前払費用

その支払った日から

1年以内に提供を受けることが

要件です。

 

12月決算法人が

12月に

翌年度分である

1年間の費用支払いは

認められます。

 

一方

11月に支払うと,

認められません。

継続して

その支払った日の属する事業年度の

損金の額に算入

していることが必要です

 

役務に係るもの

とされています

前払費用について

通達では

一定の契約に基づき継続的に役務の提供を受ける

と規定されています。

 

これは,

質や量が

同じ程度の役務が

前提?
毎月同じ金額であれば,可能か?

中小企業の

中小企業の

所得拡大促進税制の

控除率の引上げの

適用要件

 

賃上げだけではなく

税制改正により

教育訓練費の増額などの

要件も加わっている

 

平均給与等支給額が

 

 

前年度比

2.5%以上

増加していること。

 

教育訓練費の額が

前年度比

10%以上増加しており,

かつ

中小企業等経営強化法の

経営力向上計画の

認定を受け,

経営力向上が

確実に行われたと

証明されること

 

 

教育訓練費

 

国内雇用者の

職務に必要な

技術,

知識を習得させ,

または,

向上を目的とする費用で,

以下のものです。

 

・事業者が

教育,

訓練,

研修,

講習等を

自ら行う場合の

外部講師に対する謝金,

外部施設の使用料等

 

・他の者に委託して

教育訓練等を行わせる場合の

委託費

 

・他の者が行う

教育訓練等に

参加させる場合の

参加費

 

 

適用の開始時期

 

所得拡大促進税制の改正は,

平成3041日から

令和3331日までの間に

開始する事業年度において

適用されます。

 

任意後見制度

本人が,

将来的な

自らの意思能力の低下に備え,

後見人や

後見内容を

前もって定めた

任意後見契約を

公正証書で

締結する制度です。

当然ですが 

本人の意見が反映されます。

 

被相続人が

被相続人が

同族関係者となっている

会社の株式評価に関しては,

借地権として

自用地価額の20%相当額を

純資産価額に算入し

計算する必要はない?

土地所有者が妻,

株式所有者が被相続人である場合など

 

 

ひとり親控除の創設に伴い、寡夫控除が廃止

居住者が

ひとり親

(現に婚姻をしていない者又は

配偶者の生死の明らかでな
い一定の者)で

以下の要件
に該当する場合には、

ひとり親控除として、35万円を所得控除する


イその者と生計をーにする子

(他の者の同一生計配偶者又は扶養親族とされ
ている者を除き、

その年分の総所得金額等の合計額が48万円以下のものに限


ります。)を有すること。


ロ合計所得金額が500万円以下であること。


ハ住民票に事実上婚姻関係にあると認める者の記載がないこと

中小事業者の少額減価償却資産の必要経費算入の特例

中小事業者の少額減価償却資産の必要経費算入の特例について、

特例の対象者を

中小事業者で

青色申告書を提出するもの
のうち常時使用する従業員の数が500人以下と
する見直しを行った上、

その適用期限が令和4年3月31日まで2年延長