給料と年金がある場合の控除額令和2年

このエントリーをはてなブックマークに追加

その年の給与所得控除後の給与等の金額

公的年金等に係る雑所得の金
額がある居住者で、

給与所得控除後の給与等の金額及び

公的年金等に係る雑
所得の金額の合計額が

10万円を超える場合、

給与所得控除後の給与等の金額(10万円を限度)

及び

公的年金等に係る雑所得
の金額

(10万円を限度)

の合計額から10万円を控除した残額を、

給与所得の
金額から控除する

(10万円控除額が増える)

Follow me!