短期前払費用

その支払った日から

1年以内に提供を受けることが

要件です。

 

12月決算法人が

12月に

翌年度分である

1年間の費用支払いは

認められます。

 

一方

11月に支払うと,

認められません。

継続して

その支払った日の属する事業年度の

損金の額に算入

していることが必要です

 

役務に係るもの

とされています

前払費用について

通達では

一定の契約に基づき継続的に役務の提供を受ける

と規定されています。

 

これは,

質や量が

同じ程度の役務が

前提?
毎月同じ金額であれば,可能か?


ニュース

2020年5月5日
貸付金未収金
2020年5月5日
現金
2020年5月5日
家財
2020年5月5日
車など動産
2020年5月5日
電話加入権
› 続きを読む